昴の指導理念

指標

昴は、創業者である西村佳夫が鹿児島大学在学中に実家から送られてきた「りんご箱」で小さな学習塾を始めたことに端を発します。りんご箱から始まった学習塾は、1965年に「鶴丸予備校」として本格的な事業となり、当時全国でも10指に入る名門塾に発展し、1984年「受験ラサール」の開校を経て昴の礎が築かれました。鶴丸予備校から現在に至るまで長い日々培われた歴史も、「師、心に灯をともす人」このことばを指標として、生徒とともに精進してきました。
昴は、受験勉強は真剣に取り組み、経験することに価値があり、この間に迷い、悩みを克服し、目標達成するところに逞しい人間が形成されると考えます。
私たち昴の全社員は、子どもたちが、大きな目標に向かって成長していくことを心から願っています。

使命観

1. 学問や芸術を学び極める

2. 身体を鍛える

3. 意志を鍛える

「日日是鍛錬」は、昴に関わる全ての人の強力なバックボーンであり、昴の全職員がお預かりしたお子さまを、我が子我が事と思い厳しく指導にあたる事で、多くの皆様の信頼を得ています。子どもたちを取り巻く教育環境が大きく変りつつある昨今においても、昴ではこの方向を見誤ることなく、子どもたちが必要とし、かつ学校では充分に出来ないことを追求していきたいと考えています。

社章

三人の力で構成されています。
即ち、昴と生徒・保護者の三者の力を一つに合わせて、学力・気力・体力を培い、日日是鍛錬して社章の真ん中にあるダイヤモンドのように磨きぬかれた最高のものをめざします。

昴 指導理念

逞しい人間を育てるために、子供たちを伸ばす環境がここにあります。

解決する力を養い、「合格力」を身につける授業

昴のプロコーチの授業は、一方的に教えるのではなく、子どもたちとのやりとりの中で、柔軟な発想や思考を大切にし、自力で解決する力をつけます。
新しい知識を吸収することはもちろん、子どもたちの関心や興味を引き出し、どう考えればできるのかという、実践的な力を身につけます。

家庭学習の習慣づけ、定着を図る

学習の基本となる漢字、計算、英単語などは、毎日継続してやることが大切です。昴では、家庭学習が大きな役割を持つこれらについては、学習教材「ホームナビング」を配付し、定着を図ります。家庭学習の習慣を身につける上でも大きな意味を持っています。

昴には、良きライバルがいます

良き友は一生の財産です。一人ではできないことも、仲間がいるからガンバレル。同じ目的を持った者同志が、互いに励まし合い、競い合うことによって、素晴らしいものが生まれるのです。得がたい良きライバルがたくさんいるのが昴の強味です。

昴独自の快適な教育環境

「子どもたちが最も学習しやすい環境を」と考えて、昴では全て教室専用の建物を設計し運営しています。そのため、安全性はもちろん、やさしく温もりのある照明、ゆったりとした専用机など、細部にわたって昴独自のこだわりをカタチにしました。

また、館内に一流の絵画や書、写真を展示することで、自然と子どもたちの心の中に”本物を見る目”を養っています。